*ファストファッションの定義*

こんにちは。Tomooomiです。

本日は、自分なりにファストファッションについて定義付けをしてみたいと思います!
ちなみに、3回に分けてフェアトレードの定義とエシカルファッションの定義についても考えていきたいと思っています。

結構この3つをしっかり捉えるのって難しくないですか?
なんだかぼんやり「こんなもん。」というようなものはみなさんの中にもあるかもしれません。
いろいろな人が、いろいろな言葉で定義付けしているこの3つを自分なりに考えていこうと思いました。

ファストファッションの定義

「ファストファッションとは明確な定義がされていない」というお話は以前しました。
そして、ファストファッションをポジティブに捉えるか、ネガティブに捉えるかによっても変わるそれぞれの表現も紹介しました。
が、もう一度紹介します(笑)

ファストファッションをポジティブに捉えた定義というのがこちらです。

ファスト・ファッションとは「流行の最先端をいち早く取り入れた、低価格で、ほどよい品質」のファッションを言います。

つまり、誰でもトレンドを追いかけることができるような価格のファッションブランドであるということです。これは、ファーストリテイリングのサイトに載っていました。

対して、ネガティブに捉えた定義が、めぐるで提案された定義です。

消費者に買い替えることをほのめかすファッションブランド
哲学がないブランド、どこで生産されているか説明ができないブランド

これらを踏まえて、私は以下の定義を考えました!

流行を追い続けることがおしゃれであるとして、一瞬のトレンドを絶えず提案し続けるブランド

※ファストファッションという言葉は、ファストファッションブランドも含まれることが多く、ファストファッション単体で
は、上記のような定義に当てはまるブランドの洋服を着ていることを指します。

私は何度もお伝えしていますが、ファストファッションを着ることは悪くないと思っています。なので、できる限りフラットな印象になるような言葉選びをしました(笑)
この定義の中にはファストファッションブランドに共通しているスタンスに着目しました。
また、「低価格」という部分についてはあえて触れていません。
理由としては、いくらまでが低価格であると言い切れないからです。
例えばZARAのジーンズは5~6000円するのが普通ですよね。
もう一つの理由は、流行を追い続けられて、一瞬のトレンドに消費者がついていける価格は自動的に設定されてくると考えられるからです。

いかがでしょうか?(笑)
少しでもファストファッションって結局なんだ?というところの解決に役に立てれば嬉しいです。
どのブランドがファストファッションで、どのブランドはそうじゃないのかが一番難しいのかもしれません。
ファストファッションって直訳すれば「Fast Fashion=速いファッション」になります。
どこからもローコストであるなんて分からないんです。
たまたまそれが可能だったのが、プチプラなファッションブランドだった。ということになります。

改めて考えてみると、ここも奥が深いというか、はまるポイントですね(笑)
それでは、次回はフェアトレードについて考えてみたいと思います!
(私は明日のめぐるに向けて勉強しないと…)